タイトルで検索

         指先でつつくような接触感覚。それを見つめる機械の目は、確実にその位置を捕捉し、静かに照準を定めている。瞬間、充血した眼を――...

    4分

    ERIKA 麻奈という子(その二)

     麻奈という子は不思議な子だった。  どんなに取り乱している時でも彼女が近くにいるだけで心が静まる。  なぜか彼女がそばにいるだけで妙に落ち着...

    4分

    ERIKA 再 会

     翌朝、沙樹が登校すると校門のところですでに麻奈は待っていた。 「あとで沙樹の教室にいくからね」 「うん、待ってるよ」  沙...

    5分

    ERIKA 麻奈という子(その一)

     部活動も終わり、二人は胴着から制服にさっさと着替え部室を後にした。 「もう校門のところで麻奈が待っているはずだよ」  先輩達や他...

    12分

    エロス

               いかにも、なまぬるい幸福に、      ひたっている間に、   ...

    14分

    ポップコーンの日

       静かに、淡々と。  いつもの感じで、こっちの核心を突いてくる。  抱いていた印象は、  『もうそこにあるどうしようもないもの』だった...

    5分

    ERIKA 謎の編入生

     ここは一年生のある教室。  沙樹のクラスで非常に珍しい出来事があった。  クラスに編入生が来るというのだ。  中高一貫校で外部から...

    11分

    ERIKA 連続する奇怪事件

     駿介の家は下車駅から徒歩で二十分ほどかかる場所にある。  決して近くはないが遠いというほどでもない。  深夜に空腹と喉の渇きを感じて冷蔵...

    5分

    ERIKA 駿介と月乃

     折原月乃は中学生の頃から、成績優秀、美形でスポーは万能、人望も厚く人間性も非の打ち所がない優等生として仲間達からも教師達からも一目置かれてい...

    5分

    ERIKA 襲撃・拉致未遂

     三宅駿介の通う高校は、都心からは少し外れた地域にあった。  都内の私立進学校にはめずらしく男女共学でスポーツでも強豪校としてそこそこ知名...

    8分

    ERIKA プロローグ

    駿介がその少女を初めて見たのは夜の歓楽街を歩いていた時だった。  あの出会いは決して偶然ではなかったのかもしれない。  駿介は最近そう思うよう...

    11分

    可愛い エルメス galaxy s...

    この前、一年1度の花火大会でしたねえ。今年も盛大で綺麗な花火を観ました。 花火の日で彼氏からもらったプレゼントを使ってままで一緒に観賞しましたので、幸福...

    1分