タイトルで検索

    第四章 精神共鳴

    第四章 精神共鳴 ルカが出ていった後もフィアは暫く動けなかった。 自分自身の手を見つめたまま、その場に凍りついたままでいた。 相手がルカ...

    12分

    第三章 実力

    第三章 実力 フィアとドット、そしてドットの取り巻き連中は城の円形闘技場(コロセウム)に行った。 円形闘技場は主に訓練の纏めや、剣術大会のとき...

    18分

    第二章 親友

    第二章 親友 ルカと一緒に集会の間についた時、フィアを見る一同。 視線が自分に集中すると、フィアは首を傾げた。 「……?どうかしまし...

    14分

    第一章 男装騎士

    ―― その者、戦場に咲く一輪の花。 氷のようなその瞳は冷たく、しかし、他者の心をとらえ、離さない。人は、その者をこう呼ぶ。 ―― 純白...

    14分

    闇に染まった心

    私の心は普通に見えて、闇に染まりきっている。 何故かって? だって過去にいじめを受けていたもの… 「どうだ、これ...

    0分

    ルブタン iphone7plusケ...

    (http://snicases.com/iphone7/) iphone7/iphone7plusケースの選択が多すぎるでどこから見る、どれを選ぶ...

    farstのノベル2017年5月27日

     こちら、サンプルの文章です。このまま「作成」ボタンを押して、とりあえずどんな風になるか確かめてみてください。 以下の風にタグを書くと、文字色・...

    0分

    15年目の君へ

    兄さんに変わって私が料理を作る。 これが中学の時に定着した私の日常だった。 それは、今日という特別な日でも変わることはなく、帰って...

    穴蔵にさす月光

     これは、ぼくが経験した一夜の奇怪な出来事を書き留めた物語である。世を捨て、独り隠れていても、斯様な目に遭うという宇宙の摂理に、ぼくは言いようのない精...

    高台の魔女

    霧が立ち込める公園を男は悠然と歩いていた。 マフラーにスーツ。その上からトレンチコートを羽織った二十代の若い男。その男の足取りは軽快で、次節鼻歌なん...

    現実から目を背けて。

    1 ーー現実から目を背けて、 私は夢に沈むようにのめり込んだーー 2、四月十四日 私ーー古宮和樹は、自室の...

    0分

    赤い部屋

     これは、私が地方から上京していた際に体験した出来事です。 ...

    1分