タイトルで検索

    夏はいつも残酷だ。 あの匂いは懐かしくさせてくれるけれども、 苦い思い出も私に運んでくる。 いつもより遅いはずの夕暮れも、太鼓の音も、 花火の...

    3分

    犬居 のすけのノベル2012年11...

      こちら、サンプルの文章です。このまま「作成」ボタンを押して、とりあえずどんな風になるか確かめてみてください。 こういう...

    0分

    チヨコレヰト

       本命だったら受け取れない。    そんな台詞を投げられた放課後。          とぼとぼ...

    6分

    凛々さん

    バイトを終え、通っている大学の近くに借りた築30年級のボロアパートに帰りついた僕を出迎えたのは、妖艶という言葉がそのまま現実化したかのような和服姿...

    7分

    愛しの彼女

    Profile
    T_T18
    1619

      ――――いつも、ボクは、君のことばかり考えている。 ボク達は幼い頃からずっと一緒だった。 ボクの背がま...

    3分

    十一月祭特別企画リレー小説

     甘い匂い。何重かの歌声。ちょっとの肌寒さ。  十一月二十五日。私は京都大学の学園祭に来ていた。  中華風の張りぼて門をくぐり、揚げアイスと塩焼きそば...

    8分

    芽キャベツのノベル2012年11月24日

    僕は大学の進級に失敗してしまった、 つまりは浪人である。 僕を心配する母からのメールもそのまま消去した、 …今は現実を受け止めたくないからだ。 浪...

    2分

    Fortune of ALICE

      ア.アカネの場合  アカネは不機嫌だった。  今日は何をやっても上手くいかない日なのかも知れない。今朝は忙しかったの...

    12分

    私立厨二学園の秘密

     僕は知っている。  僕の体のどこかに、『埋め込み式マイクロバイオチップ』が埋め込まれているということを。埋め込み式なのだから...

    4分

    アナテマ・フィジクス1

     熱気の消えた、ゆるい風。裏の林から虫の声が聞こえる。  頭上を仰ぐと、思っていた以上に多くの星がまたたいていた。いまは七月。深夜一時過ぎだから、あれは...