タイトルで検索

    和以の章~始まった日~①

     ――――――――――――  ――――――  最初は、  いつもそこにいる変わった女。  ただ、それだけだった...

    16分

    結奈の章~終わりの日~

     記憶を失ったと自覚した日から、数日経った。  あの日、ピザを食べ終わったあたしに聖さんが鞄を渡してくれて、  いつの間にかガラケーからス...

    19分

    結奈の章~目覚めの日~

     ――――――  ――――  全身が、痛い―――――。  頭も、結構痛いかも・・・。  それでも、どうにか目を開けよう...

    19分

    結奈の章~始まりの日~

     月の光は、どうしてこんなに静かに地上に降りてくるんだろう。  雨のように雪のように、形を作ったり、  肌を焼く太...

    19分

    13

    「それよりどうするんだ? 依頼も無いのに活動しようもないが」 「確かにそうやな~。どうするん? 奉仕活動部代表取締役」 アリス...

    10分

    LOOP 3

    『とりあえず付けてみようよ!』 と前原は目を輝かせながら言うとちゃかちゃか装着し始めた。 それを見るようにして僕も田宮も付け始めた。 実際付けるのに...

    5分

    12

    あれから、30分―――。 「で、ほんとにほんとに大、大、大大dieぃ・・・大好きです。ロピアン先輩・・・・・・と、はぁ~~俺ぁ、お前が嫌...

    11分

    11

    「だからーっ!た!だ!の!幼馴染みだろ」 「そんな強調しなくていいじゃないですか!いい加減、放り投げますよっ!」 「いやいやい...

    11分

    10

    ―そして放課後。 今日一日、学年男女関係無く知らない生徒に沢山話し掛けられた。 「・・・・・・...

    11分

    ―体育館内― 「え~やはりハゲマール社の育毛剤は私にはあっている訳でして。中でもハゲマクリと言う育毛剤が―――――」 ...

    「今に始まった事じゃねえが、いじめってあるだろぅ?」 「お、おお。特に最近は質悪なってるみたいやな」 いじ...

    職員室――― 「奉仕活動部っ!?」 驚く俺とロピアンと寝子を前にじろさんは「ああ」と大真面目に...