オープンソース

kamome7440

本文


[bg office-reception-room-blur]





















 [page]





[bg http://farm8.static.flickr.com/7405/13088435494_cb03c2f21f_b.jpg]













 [page]





[bg http://farm8.static.flickr.com/7190/13370524874_549d80ec16_b.jpg]













 [page]

[bg audio-visual-room-blur-blur][bg audio-visual-room-blur]











――見えなかった。



・・・多分、もう目の前が見えなかった。







  [page]

[bg none][bgm rain-thunder-2]

チカチカと震えている光。虚ろな冷たさを見たような気がした。

特に自分が哀れだとは思ってもいなかった頃が懐かしい。

想像する。辛すぎる試験。これが踏み台だと、そう言い聞かせて、

無理やり眠った。逡巡していると、あんまりにも眩しくて、

後ろ髪引かれる。でも簡単に諦めてしまったら、誰でもいいって、

容易く妥協してしまう。



ぴしり、とカーテンが破れそうだ。

雨戸を閉めたほんの隙間から、光が見える。

季節の感覚が研ぎすまされ、獣みたいな本能が冴える。



「それだけを・・・見ていた・・・」

 [page][filter white]





流れる水のように少しも無理がなく、

演技の匂いもなく、

顔を逸らした瞬間に溜息が出ることもなく、

ごく当然の――四角へ・・・

隅へ――死角へ・・・

自分のなかの、死んでいくなにものかを、

食い止める。自然に楽しくならないのなら、

努力すれば、楽しくもできる。我慢もできる。

でもそうやって、また月曜日がやって来る。

夜が来て、朝が来てしまう――。

 [page]





[bg http://farm3.static.flickr.com/2803/4489282194_16a86f1234_b.jpg]

 毎日歩く道も学校も建物も、

 すべて、灰色の世界になってしまう前に――



 そしてそのまま大人になる前に・・・・・・





 [page][filter black]





異様な好奇心に、気持ちが燃える。

――それがうまくいくかどうか、

わからないのに、

・・・ねじれに似た奇妙な感覚が痛みや不快を、

――排斥した。そこにはない。現実の光景として知覚し、

受け容れるまでに、いくらか時間がかかるとしても・・・・・・。

リハビリのメニューが平行棒を使用しての歩行へと、

入っていくみたいに、僕は、足の感覚を思い出す。

スローモーション映像を見ているように、

ゆっくりと見える日常の風景。ゆれ澱む気層の底に、

ふりそそぐ、琥珀のかけら・・・。聖玻璃の風ぎらぎらと湧く――。

包帯をほどかなければ、と思った。早く目を覚まさなければ・・・。

なんでもないこと自体を、求める、ということ――。

 [page]

[bg http://farm8.static.flickr.com/7186/6966018906_a7a7cf2085_b.jpg]







もう、そこには存在しない時の流れとしての僕は違う現実と、

ひとつになっていけばいいんだということ・・・・・・。







 [page]











   それからそれへと――――――。











 [page][text-color black]         

それからそれへと、同じ幹から疑いの蔓が伸びて、

際限がなくなる。ボタンを押せば部屋が明るくなるように、



[――閃光が頭を掠める]



まるで映画のワンシーンのように・・・彼女の細い指先が僕の

唇に触れた・・・・・・・微かに瞬く。まるで――。

・・・そう、まるで、

暗い深海を泳いでいるようなのに――。

冷蔵庫の扉を開ける。傷つきやすくて脆いガラスの感受性を、

内側に秘めながら、秒針の音を気にしている。純粋で、

傷つきやすい自我。飲み込む空気が心臓に突き刺さる。

 [page][text-color white]







いい女って何なんだろう。

クラスメートが言う。

「それは都合のいい女だろう。」



それは違うという気もしつつ、

心のどこかでは、支配関係が前提にあって、

利害関係の一致がある。

お互いが気持ちよくなりたいから――。

 [page][text-color white]







いい女って何なんだろう。

僕は考える。

「静かな夜のように退屈な女。」



それもきっと、違うという気はしつつ、

顔や、身体のつくりとか、

香水とか、シャンプーとか、

そういうもののこと、考えたくなかった。

 [page]



[bgm daily-life]

















 [page][bg blue-sky][text-color white]











余韻――。都会育ちの初恋の少年みたいな、

オルゴールの音色よりも、暖かな初恋の余韻・・・・・・。

胸の底にしんと沈んで動かない塊・・・。







 [page]









Key......



I open the key to heart.........









 [page]









(分厚い鉄のドアの鍵穴に差し込むみたいに、)



(イグニッション・キーを回し、

エンジンに火を点けるみたいに、)







 [page]

[bg http://farm8.static.flickr.com/7008/6664182937_9b0b04d441_b.jpg][filter white]









Key......



I open the key to heart.........



 [page]

[bg http://farm6.static.flickr.com/5230/5669363166_040596f707_b.jpg]









I am worried that you will lose that key......



(私はあなたがその鍵を失くさないか心配なの。)







 [page][filter none]





訝しそうにこっちを見ている彼女に目を伏せた――。

陽気で人懐っこい奴だって、自分のことを――、

そう思っていたのに、うまくいかない・・・・・・。



テレビを点けて、ビデオに録画していた、

恋愛がテーマのドラマを見る。啓示にみちた、

ロマンティックさだ。内容はすかすかで、

はにかんでしまう。

でも、そんなものを望んでる方がよかった。

抛物線は――。さびしい未知へ・・。

軌道は、外れたまま、戻せない。取り返せない時間。

 [page]







僕は、

僕は、

僕は











 [page]





目を閉じようとした、

目を閉じようとした、

目を閉じようとした、













 [page]

[bg cloud-gradation][bgm radio][text-color black]







(処理回路は除去を命じる)



(保護せよ――)



(抑制せよ・・・・・・・・・)





 [page]

[bg black][text-color white]





現実の世界で、突然、

携帯が鳴り出していても、

そんなの聞く耳さえ持てない。



石を投げつけたいほど目障りで、

咽喉に刺さって、取れない魚の骨みたいなんだ。



 [page]

[bg http://farm6.static.flickr.com/5282/5293017650_b8cda1aa37_b.jpg]







時間のないころのゆめをみる・・・・・・



凍えた泥のなかをすすむ透明な舟になる―――





  [page]

[bg http://farm4.static.flickr.com/3632/3617375380_e9f1c2e1ea_b.jpg]







でも手持無沙汰で、紙飛行機を折っていた。

飛ばすあてもなく――。

写真家がレンズの絞りを調整するときのように、

目を細めて、僕はその行き先を見た

悲しみの記憶を鎖させて、すきとおった、

その景色に一縷の望みを抱いた。

 [page]

[bg none][bgm none][bg downtown][filter black]







粘つく疑念の海に放り出されて―――

胸の底に蟠る・・・・・・。蒸発してしまうだろう――。

何もかもが夢みたいに思える。白い一瞬は、

かすかな波紋を投げかけ、物音も人の姿も夢の中。

考えれば考えるほど現実が溶解していく・・・。

すべての踏みだそうとする方向もないままに、

立ち止まることもないままに、眇目した、

僕の目が君を追う―――。

にせものは灼き尽されてゆく、本当だ・・、

本当に気持ちだけしか残らないかも知れない。

 [page]







 

僕はその時、



はじめて彼女の名前を呼んだ。









 [page]

[filter none][bg office-reception-room]





僕の中のもうひとりの僕が言う。

どうしてそんなに、難しく考えるのって――。

根のひろがりと深さと、うわずみ。



鼻の奥で覚えている――。残り香・・・。

テープの回転速度を間違えたような、間延びした声。

僕に触れる。猫の手のように柔らかで、おっとりして、

でも、いったん黙り込むと、深海で眠っている岩。

そうならないように、饒舌になる、沈黙恐怖症。

好印象になるように、頭の中は高速回転する。

 [page]







「今日は一緒に過ごせて楽しかった。

また、 行きましょう。」













 [page]







(誰かがドアを、とんとん、と叩いている。

もう、やめなよ、って。やめろよ、って。)



(ブロンズの彫像のように沈黙して、

まるで世界の端にでも、地下の暗闇の世界にでも、

巻き込まれてしまったみたいに、

そこで、ひとりきりでいるみたいに・・・。)

 [page]







笑顔の君は美しい。僕を魅了する――。

でもね・・・。僕と君との間には、高い石壁があるんだ。

――僕は感じるよ。・・・完璧な沈黙が重い霧であるように、

人と人同士には、どうしても越えられない距離がある。

あまりにも遠い存在だから、仲良くなりたいと、近付く。

でも、そこでも、壁はある。唐突に停止する――んだ・・。

干上がった湖の底を歩いてるような気持ちになる。

心を満たしたのか、水に埋もれたのかわからない密度で、

透明な樹脂になってゆく。

 [page]









「ねえ、あなたはどこにいるの?」













 [page]







涙がこぼれそうになる。

無邪気さって悪意と変わりない。

だって彼女は、僕のことなんて見ていない――。











 [page]









「ねえ、答えて・・・・・・」











 [page]

[bgm phone-interruption][filter white]









「彼女は、年上だったから――」



――それにしても、こんな時って変だな、

声がまるで遠くから渉ってくるように思える。

自分の声じゃないみたいだ。架空の声みたいだ。

未来から聞こえてくる、信号音みたいだ。

引っかかった瞬間から、大事なことが欠落しているような、

そういう気持ちが消えない・・・・・・。

 [page]









  ――ドアの奥へ消えていく。





(どんな幻を見たとしても、)





  ――時間が止まったかのように・・。

 [page]

[bgm none][bg bench][filter white]













(隣にずっと座っていてくれませんか?)









 [page][bg black][filter none]









スーツ姿を初めて見せた時の彼女は、

自宅近くの会社に就職を決めていて、

数日に迫った初出勤のことを、

いつもより饒舌に話した。



「これから、大変だ。」と言って、

大慌てだったけれど、どこか嬉しそうだった。

深くて美味しい水を残している世界の古代の氷河のように、

重く、孤独な、閉じた貝みたいに頑なな沈黙。静寂。

 [page]







(君はいつもそう、現実的な理解の感触が遠くはなれるほどに、

君は精巧な細工をされた人形みたいに思えてくる。)



(実体までそんな柔らかな、抽象的なものに思えてくる。

でも現実は、ラジオのチューニングをするみたいに、

つまらない日常の報告をしているだけだったんだけど。)





 [page]







見慣れない化粧や口紅が、痛いところを突く。

ポジティブで前向き、そう、明るくなって、

目の前のハードルを一つずつをクリアしてゆけばいいのに、

質問の意図がわからないみたいに、いま、何を思えばいいのか、

それがわからなくなってしまう――んだ・・・。

僕をどんなにドキドキさせ、未来を、いま、こうして、

隣にいるという現実をどんなに落胆させただろう。

胸が万力で締めつけられる。

もういっそ、首を絞めて楽にしてほしい。

虚無の中に、永遠に吸い込まれてしまいたい。

 [page]







(僕をもう手離してほしい。逃げさせてほしい。

本当に愛している、あなたのもとから――。)



(美しい蝶のように、思い出を壊さないから。

僕が本当の僕でいられるように、いま、

真空へと打ち上げられた孤独な惑星探査ロケット。)



(心が鉛みたいに重くなる。あふれでた血液の、

その、傷口は、僕の呼吸困難の証だから。)

 [page]





いつまでも、一緒にいたい――。

と言いかけて、やめた、モザイク模様は、破調は、

でも多分最初から言うことなんて出来なくて、

衝動を抑えて、手を引っ込めようとしている僕は、

きっと意気地なしなんだと思う。

そんな風に距離だけが延びていった。

スクリーンを見つめたまま、きっと僕は、

固まっている・・・・・・んだ――。



 [page]







思い出は増えていく。



でも、どうしてなんだろう、



今となっては遅くて、どうしようもなくて、



でもきっと、そうしていたら、



僕はもっと、淋しかったかも知れない。

 [page]







ネイルサロンでしてもらった薄い紫と水色。Fashion。

夜中に酔っ払った顔。お酒。赤い顔。そしてPheromone、

牝の体臭。みだらでかぐわしい、香水。chloroform。









 [page]









「君はこの服似合わないよ。こっちの方が?」













 [page]









(僕は着せ替え人形じゃない。)













 [page]





レストランや映画へ行っても、けして僕にお金を払わせない。

鼻につくんだ、働いているって。社会人って言葉。

お金を払ってもらうのが嫌なんじゃない。選択の問題だ。

ましてや、僕だってアルバイトをした。誕生日のプレゼントや、

クリスマスのプレゼントには高額なものを買った。

喜ぶ顔が見たかったから。そして、僕だって、それぐらいのこと、

できるんだって証明したかった。そうだ、少しでも、好きな人に、

近付きたかったのに――そういう努力が実ればよかったのに、

僕を一面のガラス張りの檻の世界にしたこと・・・。

 [page]







思い出は増えていく。



けれど、僕の孤独は増すばかりだ。



一緒にいてすごく楽しいのに、幸せなのに、



ひとりで部屋の中にいると、



淋しさに潰されそうになる。





 [page]







大学と高校、

会社と大学――



距離は一向に埋まらない・・・



覚束ない足を、

どうにか前に出そうとしたその時、

何かが僕の手首を握る。

 [page]





[bg office-reception-room-blur]

















 [page]

[bg http://farm8.static.flickr.com/7405/13088435494_cb03c2f21f_b.jpg]









  ―――君がいた。



 [page]

[bg http://farm8.static.flickr.com/7190/13370524874_549d80ec16_b.jpg]











  ―――君しか見えなかった。





 [page]

[bg office-reception-room-evening]





彼女は僕の家庭教師だった。

ひと目見た時から、ずっと好きだった。



でも、そんなこと、内気な僕に言いだせるはずもなく、

それでも、読書とか、音楽とかの趣味が一致して、

また彼女いわく同じ星の同じ住人としての資質と、

面倒見の良さ、あるいは、庇護欲を誘うらしい僕が合わさり、

気がつくと、家庭教師から本当のお姉さんみたいに、

振舞うようになった。

 [page]







でも、ルールがあるって、恋愛じゃない。

デートをした。前日までに、シミュレーションして、

予定を立てる。僕の仕事だ。でも、未来日記に書かれている、

――キスはない。でも、ご褒美はある。

「またよろしくね。」

何度も騙される。というか、ずっと、騙されてる。

映画を見て、レストランで食事。楽しい。会話が弾む。

でも、――そこには、何かが決定的に欠けてる。

理想的な男女が持っている、関係がそこには最初から・・・。

 [page]

[bgm kindness]







(そうして、湿った気持ちでいっぱいにするんだ。)



(鼠を前にした蛇だよ、僕は。)









 [page]









「何かあったら連絡していいのよ。

お姉さんに頼って――」







 [page]

[bg http://farm4.static.flickr.com/3727/9267331676_d6e0954582_b.jpg]

















 [page]







そう言って、僕より背が低いくせに、

手を伸ばして頭を撫でる。

最初は抵抗していたけど、大人のふりしないで、

ひどいじゃない、と何故か、すごく不機嫌になるので、

あきらめた。彼女に都合のいいように振り回されてる、

玩具みたいだと知りながら甘んじて受け入れる。

「可愛い・・。」

と、言う時の笑顔のために――。





 [page]







週に一度かかってくる電話。

二週間に一度は、

「わたしの義務だから。」

と言って、僕の部屋に入る。

料理を作る。

ありがとう。どういたしまして。

一か月に一度は、

「恋人ができるまでは。」

と言って笑いながら、デートする。

 [page]









想像していたような関係ではないけれど、

かれこれ、六年くらい続いてる。



でもどこかで踏ん切りをつけなければいけない、

と、そう、本気で思っていた。





 [page]







そして、僕はついに決行した。

電話を無視した。

どうしてそんな子供っぽい抵抗しかできないのか、

自分でもわからなかった。

でも、他にどうすればいいと言うんだ。

それでも、まだ頭の悪い僕は、

電話をとりたくなる。

何のためにこうしているんだ。

言い聞かせた。

  [page]







メールも、無視した。

いや、違う、無視してやった。

無視をやっていやがるのである。

でも、情けない僕は携帯画面を見るのが嫌で、

枕の下に隠した。でも、ちょっと待て、

どうして、罪悪感から逃れたいあまりに、

修行僧みたいなことをするのだ、僕。

ふと、思い立って電源も切った。

クッションに頭を置きながら、

怠惰な眠りに身を委ねた。

  [page]









でも、どこに向かうべくもない虚脱感を覚えた。

実際、彼女を好きになっていなければ、

間違いなく、本当に好きなお姉さんだったと思うから。









  [page]







(彼女のおろおろする顔が目に浮かぶ。

番号間違えたかな、ううん、あってるな、

と、番号を確認する様子が手に取るようにわかる。



好きな人のことは手に取るようにわかるんだ。

透視でもしているみたいに。



そして誤解が産まれで、彼女は気付く。

錯覚や思い違いになる、一瞬。

親密な関係は一晩で、砂上の楼閣・・)

  [page]

[bg http://farm4.static.flickr.com/3451/3185527130_4fbf5d7e7e_b.jpg]







と――思っていたら・・・・・・

インターフォンが鳴った。

泣きはらした目で玄関の前に立っていた。



 [page]

[bg http://farm4.static.flickr.com/3323/3184655853_1ae6caa587_b.jpg]











(いや、泣きたいのは僕だよ。)

 [page]

[bg http://farm4.static.flickr.com/3323/3184655853_1ae6caa587_b.jpg]











「・・・どうして?」



 [page]

 [page]

[bg http://farm4.static.flickr.com/3298/3185346358_8d152b5b6a_b.jpg]









(ここまでされても、まだ気付かない、

彼女の鈍感さが、嫌だった。)



(でも、それほどまでに、

築き上げられてきた六年間の時の長さを感じた。)











あとがき

椎名林檎・ギャンブル *sigh* So great.

photo by Debs (ò‿ó)♪

Attribution-NonCommercial

HF Lyrics Oiran

photo by Debs (ò‿ó)♪

Attribution-NonCommercial

江戸東京たてもの園part2-038

photo by nakimusi

Attribution-NonCommercial

江戸東京たてもの園part2-033

photo by nakimusi

Attribution-NonCommercial

リヤは少し違和感あるかな…

photo by Matoken

Attribution-NonCommercial

iPhone4 White

photo by Yohei Yamashita

Attribution

ええ鍵出た

photo by casek

Attribution-NonCommercial

the gray abides

photo by l e o j

Attribution

Good Morning Ikebukuro

photo by shinyai

Attribution

Building at Jingumae

photo by naoyafujii

Attribution

DSC06414.JPG

photo by casek

Attribution-NonCommercial

RA3T3465

photo by NashChou

Attribution

業務用イラスト

photo by nodoca

Attribution

sailor

photo by Asukame

Attribution

AA006

photo by FOOKSHIT

Attribution-NonCommercial

D7K_1484.jpg

photo by plasticboystudio_PhotoJUNKY

Attribution-NonCommercial

shonan Sunset_019

photo by ajari

Attribution-NonCommercial

DSC_1056

photo by norio.takahashi

Attribution-NonCommercial

DSC_1055

photo by norio.takahashi

Attribution-NonCommercial

D7K_1458.jpg

photo by plasticboystudio_PhotoJUNKY

Attribution-NonCommercial

戻る