オープンソース

   デウス・エクス・マキナ   <Prolog>

ユーラ

本文

[bg black][text-color white]

[bgm samuikaratoukyouheikanai.mp3 samuikaratoukyouheikanai.ogg]







 無知な人間はいつでも自分の理解できないことを称讃する。



       ――― チェーザレ・ロンブローゾ ―――

[page]

 なぜ人は、理解できないことから目を背けるのだろう?



 それは恐怖。

 自分の住む世界より遥か高い世界の言語など、意味不明、

理解不能。

 されど、人の身に過ぎぬ己の解釈など”おこがましい”と、

畏怖の象徴として崇め、敬うだろう。



 触らぬ神に祟りなし。我関せず。別世界の出来事。

[page]

 なぜ人は、無知であることを享受してしまうのだろう?



 それは驕り。

 自分とは何ら関わりの無いものに対しては無関心で無頓着。

 されど、己の見識が世界の全てだと”思い込んでいて”、

自らが無知であることすら自覚していないだろう。



 全知全能の人間など、この世には存在しない。

[page]





 それを受け入れないかぎり、何も変えることはできない。

 非難は解放にならず抑圧する。



       ――― カール・グスタフ・ユング ―――

[page]

 ああ、分かっている。

 

 俺は無知だ。何も知らない。何も、知らなかった……。

 ただ嘆いても。ただ叫んでも。ただ、声を荒げても……。



 今更、起こってしまったことを受け入れたくなくて拒否

しても、それは無意味で悲しい当て付けでしかなくて。



 それは、どうしようもなく、俺を苦しめ縛り付けただけ。

[page]

 もう、誰も居ない。俺の周りには誰一人。



 父さんも、母さんも……。



 広海も……ッ!

 

 俺だけが、残ってしまった―――。

[page]







 あなたの強さは、あなたの弱さから生まれる。



     ――― ジークムント・フロイト ―――

[page]

 分かったよ、おっさん。



 ようやく、分かったんだ―――。



 俺が何をすべきなのか。俺が、やらなきゃいけないこと。

 俺にしか出来ない罪滅ぼし……。



 もう戻れないあの日。

 全てが始まったあの村で、一体何があったのか。

 ヤツを、暴く―――。

[page]

 それは単純に、犯人を見つけ出すことだけじゃない。



 どうして惨劇が起きてしまったのか?

 どうして7日間も繰り返されてしまったのか?

 どうしてヤツは、犯行を犯すことになったのか?



 村を取り巻く因習、信仰、儀式。

 何がこの村を、ヤツを凶行に駆り立てたのか?

[page]





 その”全て”を、暴く―――。







 その為に俺は、7年もの間を独りで生きてきたのだから。

[page]

 俺の名前は、吉田翔平。

 大学では心理学を専攻している。



 7年前、この村で相次ぐ失踪と殺人が起こった。

 俺はその渦中にいて全てを失った。



 俺は知りたい。



 7年前のあの日、この村で何があったのか。

[page]

 神なんて認めない。



 この世は人の世、全て人の犯行で証明出来るはずなんだ。

 もしも神が居たとして、俺がそいつを暴けたなら、引導を

くれてやる。



 もちろん、犯人を見つけ出してもそいつは解放されない。

 罪は裁けても、禍根は癒せない。



 非難も当て付けも、解放には至らないからだ。

[page]

 7年前の真相。



 それは、全てを曝け出しこの村ごと諸悪の根源を立ち切る。

 そうでなければ、惨劇は繰り返す。



 それが出来なければ、俺の独りよがりで終わってしまう。

[page]

 何故なら……。





 俺の心はもう、壊れているから―――。

[page][bg chi.jpg]

[page][filter black]

 ―――しかし、翔平には別の願いがあった。



 それは前意識の中で膨らみ、やがて二つの心を生んだ。



 意識と無意識、自覚と無自覚の狭間で翔平はどちらを選ぶのか。





 そのペルソナは、”オニガミの神隠し”へと繋がっていく……。



[page]

[image DEM_image.jpg]

[page]

[bgm none]

 

あとがき

初めましての方は、始めまして。

君色から読んでくださっている方はご機嫌麗しゅう!
ユーラです。

今回のお話は、結構前に描いた伝奇ものの短編小説を加筆修正しています。
特にこのプロローグはほぼ改稿してます(笑)

プロローグなのであっさりめにしながら、ちょっとした何かも醸し出していますね。

一つ誤解が無いように補足ですが、前回の君色をご覧になった方は「ひょっとしてまた同じ表現技法?」って思われるかもしれません。

でも、違います。今回のはちゃんとしたプロローグです。
もちろん作中では7年前っていうキーワードが出ていますが、これからその7年前に戻るというお話では無いからです。(この段階では)

そもそも短編として書いていたけれど、これは長編に化けるんじゃないかな?って僕が思ってるくらいですから、好評であれば続き書くかもです(笑)

あと、最初に謝らせて下さい。

このお話「デウス・エクス・マキナ」は伝奇の短編小説です。
が! これ以上言ってしまうとシナリオのネタバレなので、今は謝るだけに留まらせてくださいorz

読んでくださってありがとうございました! ごめんなさい!

あ、あとプロローグはドイツ語表記です、英語の誤植ではないですよー!

【楽曲協力】

DEAD END WONDER 様(http://0006.x0.to/dew/)

「寒いから東京には行かない」by いなだ

【画像協力】

ひの芽 様 (http://www.pixiv.net/member.php?id=986906)

戻る