オープンソース

リリィとレインは満月を笑う 【prologue】

sennoaether

本文

[bg moonlight]











           リリィとレインは満月を笑う[page]

[bg black]

               



               

            

             



             prologue[page]

[bg classic-classroom-evening][bgm kindness]

[bg classic-classroom-evening]















五月二日[page]













棘のような春の光が教室の約半分の机と生徒を突き刺している。[page]













世界史担当教師の高山が少し高い鼻声で、教科書を読み上げる。[page]













「え〜 この時代はおもに…」[page]













             この教師は嫌いだ。[page]











             

             世界史も嫌いだ。[page]

この二つがセットメニューとして目の前のテーブルに置かれれば、



私の出来ることはもはや寝るか、外の風景に意識を集中するしかない。



だから私は、こうして窓の奥にある名前も知らない木に、



力強く生えた葉の枚数を、数えるという



かずある暇潰しの中で、最低ランクの荒業に挑むしかなかった。[page]











「……ぞ……レイン……花園レイン。聞いてるのか? 今は授業中だ。前を向きなさい」[page]



私が嫌いな人間が、私の名前を、教室一面に響かせる。



興味がないことを全面的に、出しているつもりはない。



まとわりつくような、苛立ちを含んだその声で、自分の名前を何度も呼ぶその行為に[page]











       一枚の桜の花ビラ程度の[page]

             









        殺意を覚えた。[page]

「花園 レインっ 返事をしなさい」

「…なんですか?」

「なんですかじゃないだろ。今は授業中だ。さっきから外ばかり見ているようだが、窓から見える景色をスケッチでもしてるのか?

残念だが今は美術の授業じゃない。世界史の時間だ」

まわりからクスクスと遠慮がちな笑い声と囁きが混ざり合う。

「現在この空間で行われていることが、授業として成立していると本気で思っているんですか? 高山先生」

「……どういう意味だ」[page]

「先ほど読み上げた223ページの三行目、1640年からと先生は言いましたが、1640年までが正解です。この間違いではまるで意味が違ってきます。そもそも先生は間違いが多すぎです。何年も同じ授業を繰り返しているのに、未だに教科書を丸暗記すらしていない。先生が私達に本気で世界史を教えようとしているとは思えません」

「……先生だって人間だ。間違いだってする。そんなに…」

「まだ私の話は終わってません。つまり私が言いたいのは………」

「なんだ? 急に黙って。言ってみなさい」[page]















「先生の授業に……価値なんてないんです」[page]

真冬の夜みたいに、静まる教室。教室の全方位から私に向けられる視線は、敵対心よりも鬱陶しい。ウザい。そんな視線を肌で感じた。

「……花園 レイン、授業が終わったら職員室に来なさい。話がある」

「…わかりました」

そうして先生は、食事中に気になるニュースがあり、動かすことを一時停止していた箸を、再び動かすようなスムーズさで授業を再開させた。

私は前を向き、あたかも授業を聞いているような顔をしながら、頭の中で、全く違うことに思いを馳せるしかなかった。[page]

大好きな洋楽を早く聴きたい。

というか今すぐ聴きたい。

私は脳内で彼女の、囁くような細くて繊細で、殴りつけるような力強い叫びを頭の中で再生させる。

しばらくすると頭の中は、帰りたいという思考に向かっている。

「はぁ……なんだ? 花園」

人生で一番最高の私の挙手に高山がため息をつく。

この位置から私が勢いよく上空に発射されれば、ピンと天に向った左手は天井に突き刺さり二度と抜けることはないだろう。

「早退します」

「どうしたんだ?」

1000%の疑い。という鎧を身に纏った刑事が、胡散臭い手品師のトリックを見破ってやろうといった顔つきの高山が問いかける。[page]

高山の了解を得ずに私は立ち上がりながら、カバンの奥ににしまいこんでいた空模様の折り畳み式ヘッドホンを装着する。

スマートフォンのミュージックプレイヤーを起動し、彼女の曲の中で、1番好きな曲を再生した。[page]

バイオリンの悲しげな旋律から、15秒後に彼女が歌いはじめる。

その場で目を閉じ、しばらく耳を傾ける。

ただただ心地よい。

こんなタイミングで聞く為に、作られた曲なのではないかとさえおもえてくる。

目を開けると、高山は豆鉄砲を同時にくらったハト100羽を、一度に見たような顔をしていた。

そんな高山を無視して教室の扉をめざす。

高山が何かを言っているが、残念ながら音楽を聴いているので、彼の声が聞き取れない。

扉に手をかけながら振り返り、ヘッドホンを外す。

「早退の理由っ。理由は?」

「……」[page]













「気分でも悪いのか?」[page]













「いいえ……とても気分がいいので帰ります」[page]

そんな気の効いたセリフを残して[page]









           

             喧騒と[page]









             

             誠実と[page]











             欺瞞と[page]











            無関心と[page]















沈黙が同居した肌色から茶色にグラデーションがかった牢獄をあとにした。[page][bg classic-school-passage]

教室を飛び出した私は、上履きを脱ぎ廊下を、スイスイすべる。



ちなみにこの行為は、学校の廊下を走ってはいけないルールを回避するためではない。



とても気分がいいからだ。[page][bg school-shoe-cupboards][bg school-gate]













大好きな曲を聴いていることもあり、少しだけ早足になる。まるで足に羽根でも生えたかのように、リズミカルに学校をあとにした。[page][bg downtown][page][bg residential-street-1]

[page] [bg residential-street-2] 学校から数分の場所にある小さな山の上にある高台に向かう。

茶色い丸太で作られた小さな椅子と小さな屋根があるその場所は私の大のお気に入りだった。

[page] [bg woodland-path]緩やかな山を登り、目的の場所に到着する。[page][bg park]

「あっ」

そこはいつもと少し違っていた。

ショートヘアーの女性が、私のMy丸太椅子に座り、気怠そうにだらしなく両脚を伸ばし私を見ている。

私はまわれ右で引き返す。この場所に人がいては、ここに来た意味がない。

「ねぇ 待ちなよっ」

その声にまわれ右からもう一度まわれ右をする。この場でまわれ右を延々繰り返せば、私は地中深くまで掘り進み、やがて地球の中心にあるマントルと接触したのち、人類初のマントル接触者として、国民マントル賞。そして流行語大賞マントルレインが堂々の第一位を獲り、パパラッチに追われる日々。そんなくだらないことを妄想した。

ちなみにマントル第一接触者として、マントルという音の響きと地球の真ん中にある名称としては、少々わかりにくいので、マントル改め、生きてるらっきょの中心に変更しようという所まで考えた。

「……はい」

「ここあんたの場所だった?」

「いや…特にそんふうに考えたことは…」[page]

[bg black]











             私の場所だ[page]

[bg park]

「座りなよ。話をしよう」

切れ長の目をした彼女がそう言いながら、ここに座れと私のMy丸太椅子をポンポン叩く。

私は数秒考えて、いつもと違うそんな日があってもいいのかなと思えてきた。

彼女は山の上から地上に何かを投げている。

「何してるんですか?」

そう言いながら彼女の横に座る。

「飴だよ。飴。飴をなげてる。ていうかなんで敬語?」

「初対面ですので…」

「それ斗明学園の制服だろ?」

「知ってるんですか?」

「知ってるっていうか行ってるし」

在校生だった。

「それより何かのおまじないですか? それ」

「そんなキャラじゃないよ」

「じゃあ…」

「毎朝の日課かな。一日の始まり」

「毎日飴を投げてるんですか?」

「そうじゃないんだ。何か一つどうしようもなく意味のないことをするんだ」

「…はぁ」

「そんなイタイ奴見るような目をするなよ」[page]

[bg black]











             プチ不法投棄[page]

[bg park]

「意味のないことが、その後意味を持てば面白いかなって」

「なんか…難しいですね」

「そこまで考える必要はないよ。だって意味なんて、ないんだから」

「…はぁ」

「斗明学園の何年?」

「一年です」

「なんだアタシと同じじゃん」

「そうなん…だ」

敬語終了。

彼女はクッキーの缶に詰められた飴をなげ続ける。

「あんた、名前は?」

「花園…花園 レイン」

「なんか聞いたことあるような、ないような」[page]

「多分、ないようなの方だとおもう。そっちの名前は?」[page]

[bg black]











             「五月雨 リリィ」[page]

[bg park]

その瞬間、五月雨 リリィという音の響きと、飴を投げるその姿を見ていると、なんだか少しだけ重要なことに見えてきた。

「フフッ」

「あっ お前今アタシの名前聞いて笑っただろ?」

「そうじゃなくて。まぁそうなんだけど」

「はぁ?」

「私の大好きな映画のタイトルおもいだしちゃって」

「へー 邦画? 洋画?」

「邦画だよ。知らない?」

「洋画しか見ないんだ。その邦画持ってるの?」

「うん。持ってる」

「じゃあ来週の土曜日、ウチで一緒に見よう」

「うぇ いっ一緒に?」[page]

「うん。だって映画って誰かと見ないとつまんないじゃん」

そのDVDを貸してくれっていうかと思っていた。

始めての共同作業がこんなに早く訪れるなんておもいもしなかった。

「でもリリィの家に私が、行ってもいいのかな?」

「じゃないと一緒に見れないじゃん。変なヤツ」

飴を投げ続けるリリィにそっくりそのまま、飴のオマケ付きでその言葉、御返し致します。

「だよね。うん一緒に見よう」

リリィは少し微笑みながら、飴の詰まったクッキーのフタをしめる。

「レインは生まれ変わりについてどうおもう?」

「生まれ変わり? ウーンどうだろう。あまり考えたことはないかな」

「じゃあ自分がなんの生まれ変わりだとおもう?」

「なんだろ。ウーン多分だけど」

「多分だけど?」

「陰陽師…かな」

「陰陽師の誰?」

「あのーえーとあれだよ。あれ。あまのせいめい? だっけ。うん。それだよ。多分」

「なんだよそれ。新手の生命保険会社かなんかか? そんな生命保険の勧誘しそうな陰陽師には、あまり会いたくないな」

「あれ? そんな名前じゃなかったっけ?」

「安倍晴明だろ」

「そうそう。それだよ。それ。じゃあリリィは誰の生まれ変わりなの?」[page]

「アタシはさっ 自分があるヴァンパイアの生まれ変わりだってことに、最近気づいたんだ。ていうか思い出した」

「ヴァンパイアってあの血をチューチュー吸う人達?」

「そう」

そう言ってリリィは、自分の上唇を上にあげ私に歯を見せる。

綺麗に手入れされた並びの良い歯。

そして可愛い八重歯があるだけだった。

「……」

「なあ?」

「いや、なあって言われても……ちなみにその可愛い八重歯で人の血を吸ったことあるの?」

「今のあたしがヴァンパイアってわけじゃないし、人の血なんか吸わないよ。今後そんな予定もないし。レインが吸わしてくれんの?」

「1回くらいなら別にいいけど…」

「けど?」

「なんか…その可愛い八重歯だと、吸いづらそうだね」

「そうかな? あたしは刺さりに行く気満々だと思うけど…」

私達は、しばらくその場で笑い続けた。[page][bg sky]

こうして私とリリィは、出会ったのである。

今にして思えば、リリィとの出会いが、私の一般的な青春時代を大幅に加速させ改変してくれたんだと理解できる。

偶然。運命。必然。奇跡。

そんな現在地球上に存在する言葉では、リリィとの出会いの意味を完全に表現することはできない。

少しずつ。少しずつ。思い出しながら。

リリィと私の物語をこのページに残していこうとおもう。[page][bgm none]

[bg black][bgm none]

              













              Hyperballad  01

あとがき

読んでいたたきありがとうございます。まだオープニングですが、ちびちびアップしていこうと思います。
やんわりとした感想お待ちしています。そうやんわりです。あくまでやんわりです。絵心ゼロの癖に何かを生み出したいと、携帯でポチポチ書いていた時にこの素晴らしサイトを見つけました。

戻る