オープンソース

k.dameo

本文




[page]

[filter white]

[text-color black]





職員室―――



[page]

[filter white]

[text-color black]





「奉仕活動部っ!?」



驚く俺とロピアンと寝子を前にじろさんは「ああ」と大真面目に頷いた。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「それに俺等が入れと?」



状況が読み込めて無いロピアンと寝子に代わり、じろさんに尋ねた。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「いや、ちげぇ」



だが、じろさんは首を左右に振る。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「え?じゃあどういう―――――」



「てめえらが立ち上げるんでぇ」



「ええっ!?」



再び驚いて目を丸くしてしまった。いや、おかしいやろ。つうか、立ち上げたないし、そんな明らかめんどくさそうな部活。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「立ち上げるって――――」



「どうやって?」と続けようとした時、職員室の戸がガラガラと音を立てて開かれ



[page]

[filter white]

[text-color black]

[bgm https://storyblog.s3.amazonaws.com/uploads/music/audio/443/second-street-walk.ogg https://storyblog.s3.amazonaws.com/uploads/music/audio/442/second-street-walk01.mp3]



「まだやってる~?」と、“ヤツ”が顔を覗かした。



「うるさいっ、早く入れ」



その後ろからは少し苛立ったアリスの声が聞こえる。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「分かったよ。ぬぁあーっはっはっはっ」



覗くのを止め、魔界の人っぽく高笑いをしながら百太郎とアリスは職員室に入ってきた。



[page]

[filter white]

[text-color black]

[bgm https://storyblog.s3.amazonaws.com/uploads/music/audio/446/djent01.mp3 https://storyblog.s3.amazonaws.com/uploads/music/audio/447/djent01.ogg]





「ちょっと待てっ!私は高笑いなどしていないっ!」



「はっはっは。誰に言ってるんだお前は。ぬははは」



物凄い邪悪に笑うアリス。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「ち、違うっ!!私じゃない!百太郎だっ!」



「だから誰に言ってるんだ。ぬは、ぬははははは」



下をベロベロさせて狂ったように笑うアリス・・・・。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「だから!私ではっ―――」



「お前等ここ職員室やぞ。そろそろ黙れ。はよ来い」



ゴリラがそう言い手招きしやがる。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「オーケイ。直ぐそちらに向かう。待ってろ」



[page]

[filter white]

[text-color black]

[se jump01]





「誰やねん・・・・・・お前」



駆けつけてやったのにそんな事を言うゴリラだ。つれない奴だなホントにまったく。



[page]

[filter white]

[text-color black]

[bgm https://storyblog.s3.amazonaws.com/uploads/music/audio/443/second-street-walk.ogg https://storyblog.s3.amazonaws.com/uploads/music/audio/442/second-street-walk01.mp3]





まあ、そんことより、だ。じろさんの元へ来てみて気付いた事がある。それは・・・。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「ロピアンと寝子。てめえらどうしたんだ?ぬははは」



と、反応を期待して笑ってみたのに、何も言わず下を向いている。



[page]

[filter white]

[text-color black]





おかしい・・・・・・。実におかしい。



[page]

[filter white]

[text-color black]





怒られて沈んでるとは違う、なんと言うか母親にお使いを頼まれて、断ってもどうせ行かされる、断らなくても行かされる、そんな理不尽な縦社会に不満を抱きつつも「しょうがないや・・・」と、しょうがなくねえのに自分に言い聞かせてる様な・・・よく分からないが、じろさんの話はかなりダルい話なのかもしれない。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「はぁ~・・・」



よく見ると、ゴリラもかなりダルそうな雰囲気だし。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「とりあえずな、百太郎。ヤバいで」



ロピアンと寝子に代わり答えるゴリラは真剣そのもで、隣に立ち並ぶロピアンと寝子も頷いている。 なんだと言うんだってんだ?非常に聞きたくない。聞きたくないが・・・・・・



[page]

[filter white]

[text-color black]





「なに?」



聞いちゃった・・・・・。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「それは俺っちが話してやるぜぇ。途中だったしなぁ」



俺やゴリラ達五人に囲まれ、自分の椅子に短い足を組みながら座っている俺っちこと、じろさんが話してくれるらしい。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「そうか、頼んだぞ。俺っち」



肩に手を置いてみた。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「言われなくても話してやるぜぇ。てめえが黙って大人しくすればなぁ」



じろさんが鬱陶しそうに俺の手を退けて睨んできたので、流石に黙って大人しくしようと思う。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「もう一回初めから言うとだなぁ、てめえら五人には奉仕活動部を立ち上げてもらうぜぇ」



[page]

[filter white]

[text-color black]







「ほ、奉仕活ぅっ!?」



「じろさん・・・マジなんか?」



「ブラーーーボッ!」



[page]

[filter white]

[text-color black]





・・・・・・・・・。黙ります。すいません。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「ちっ・・・」



皆、そんなに睨まないで、お願い、頼むから。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「奉仕活動部は、まじだぜぇ」



「でも、何で俺等なん?」



ゴリラが皆が知りたいであろうことをズバリ聞く。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「その一年の兄ちゃんや鬼白はまあ、関係ねぇっちゃねえんだが・・・・・・」



そう言い、ゴリラ、ロピアンと視線を向けた後、俺を見据えるじろさん。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「この三人。特に百太郎と絡んじまった事を後悔するしかねえなぁ」



[page]

[filter white]

[text-color black]





「お、おいおいっ、失礼だな君。触れるな危険じゃあるまいし」



俺と絡んだことを後悔って酷すぎだろっ。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「何を言ってやがる。散々悪戯しやがってよぉ。今日の放送だって一度や二度じゃねえだろぃ、バカがっ」



じろさんの言葉を聞いて驚くアリスと寝子、苦笑いするロピアンに顔を背け肩を震わす、ゴリラ。



[page]

[filter white]

[text-color black]



うん・・・まあ、そう。一度や二度じゃぁ無い。内容は違えど五回は確実にしたことがある。勿論ロピアンとゴリラを連れて。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「音楽室の絵を全部俺っちに取り替えたり、異臭騒ぎを起こしたり、俺っちの机を片付けさした時もっ・・・・・」



じろさんはあの時の事を思いだし怒りに震えている。



[page]

[filter white]

[text-color black]





「あぁ・・・あれか」



懐かしいなぁ。あの時・・・。



[page]





『ああっ、めんどくせえっ!』



あまりにも悪戯する俺に、罰としてじろさんは自分の教職員用の机を片付けるよう命じてきやがったんだよな。



[page]







『んもぉーっ、めんどくせえっ!』



何故こうなる?ってぐらいに本やプリントが山積みで、本と本の間にはペンや消しゴムや鉛筆やよく分からないプラスチックな物が挟まり、ちょびっともスペースがなく見ただけでやる気が無くなるくらいにきったねえ机の上を渋々ながら一応掃除して・・・



[page]



『ふぅ・・・』



[page]







終わった時だった・・・。



[page]





『うむぅ・・・・・・』



俺はその時ある疑問に苛まれたんだ。机の上は片付いたが机を片付けろと言われた。・・・てことは引き出しの中も?なんて。



[page]





『まじか?つうか俺真面目か・・・?』



小さい事だが二度手間なんて誰しもそうだがしたくない訳で、後で「出来てねえじゃねえか」とか言われるのも腹が立つ。



[page]



『ったく、しゃあねえな・・・』



一応、引き出しの中も汚いなら片付けようと思い引き出しを開けた。





[page]



『うおおっ、おおうっ?』



途端に声を上げてしまったよ。 確かに引き出しの中も汚かったがそれに驚いたのではない。じゃあ何に驚いたのか?



[page]



『男女の営みの本がわりとある・・・だとっ・・・』



そう、俗に言うビニ本が5、6冊あり、没収したのか買ったのか・・・・・・まあ、後者だと思うけどね。



[page]



『ふふぅ~ん』



で、真面目な俺はじろさんの為にも



[page]



『本は本立てにね』



机の上の本立てにちゃんと置いてあげた。授業で使う教科書やらを挟む感じで。





[page]





・・・・・・と、まあ、そういうことがあり、後にじろさんは女性の教職員方には白い目で見られ、教頭には怒られ、俺には怒鳴り、まあ首にならなかったのは良かった。こんな俺でも、流石にあの時はやり過ぎたかなぁ~とは思ってはいる。







[page]

[filter white]

[text-color black]



「何があったんだ?」



こう言う話がもっとも苦手そうなアリスがじろさんに問う。 知らないって罪だな。



「な、なんでもねえっ。特に鬼白には、な、なんでもねえんでぇ」



じろさんもそれを知ってか自分で少し出しておいて引く。ナイス判断だぜ。次郎さん。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「と、とにかくでぇ。この学園のバカは更正すべきってんでぇ奉仕活動部を立ち上げさせるんでぇ」



お、おいおい、次郎さん。



「いや、あんまり理由になってないぞ。それに奉仕活動部ってなに?」



「ああ?」



「それも、わかんねえのか?」と言いたげに見てくるじろさん。



まったく、私も随分とナメられたものだ。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「ああ?じゃなくて。奉仕活動、ボランティアだろ?それは分かるけど具体的に何処でどう何するんだ。と、私は聞きたいのだ」



そこへ直れ!お前はっ。



「おおっ、早くもやる気けぇ?百太郎」



おのれ~・・・・・変態うんこめっ。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「聞いてやってるんだぞ!質問返しはやめいっ!」



「こっちは話してやってるんでぇ。バカ野郎ぅっ」



くっ・・・・・・・駄目だ。俺だと話が進まん。



[page]

[filter white]

[text-color black]



こんな時こそはと、隣に居るゴリラの肩を掴み首を左右に振る。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「おっしゃ・・・」



意志が通じたのか、ゴリラは頷くと話し出した。



「入る入らんは別として、具体的にどういった内容なん?」



「ああ?次はゴリラけぇ?しょうがねえなぁったく」



何がしょうがねえんだ、コイツは。



[page]

[filter white]

[text-color black]



「まあ、アレだなぁ。まず、何故、奉仕活動部立ち上げ話が出たかを説明した方が早いぜぇ」



慣れたとはいえ、未だにこのおっさんがほんとに教員免許持ってるのか疑問に思う。



[page]

[filter white]

[text-color black]





あとがき

凄く中途半端になりましたが、8へ続きます。ありがとうございました。

戻る