オープンソース

異人館Ⅱ

ツカノアラシ

本文

[bg PA084353.jpg]

[text-color white]

[filter black]

[bgm depression]

異人館Ⅱ

[page]

さてさて、オテル・エトランジュの周りはどういうところ?

オテル・エトランジュに行くには、いまにも幽霊が立っていても不思議ではないような柳の木の横にある『傀儡堂』の横の細い石造りの細い坂道を下りて、坂道の下に並ぶは小さいが奇妙な商店街を通って五分程歩くとたどり着きます。

途中にある商店街は商売気がないのか、いつ訪れても商店街はしんと静まり返っている。その上、路上を歩く人影もまばらである。

石畳にするすると影が伸びる。姿の見えない子供のはしゃぐ声。奥にはどこへ行き着くのか先の見えない何十にも連なる赤い鳥居。石畳。くすくす笑う少女の伸びる影。ひとたびこの町に足を踏み入れると帰れなくなるらしいと、あるヒトが至極真面目な顔をして語っていたのが印象的な町である。

[page]

『傀儡堂』(骨董品商い)

町の入り口にあたる木造の小さな町屋風のお店は、一歩入ると解るのであるが店内は外見に反して意外にも広い。ただし、迷宮のように古今東西の珍しい品物が分類わけもされずに、所狭しと雑然と並べられている様は、もしかしたら見るものを怯えさせるかもしれない。アリアドネの糸は何処。

ゴシック調の舞台を模った木製のオルゴールに赤い靴。壷中人魚。どこで手に入れたのかも想像がつかないような物品。店の奥には、和洋折衷な喫茶室が設けられており、午後のお茶をいつでも楽しめるようになっている。黒檀の調度品に、屏風、硝子のランプシェード。

この店の店主は黒田征四郎と黒田白雪と名乗る奇妙な双子の姉弟である。黒田征四郎は黒い丸眼鏡に黒い支那服姿。黒田白雪は白を基調とし、白いチャイナドレスに黒いレース長手袋に黒いブーツでアクセントをつけたふわふわした姿。話によると、この店の本当の持ち主はこの二人ではなく、別にいるらしい。時折思い出したように来ては、難題を押し付けて行くのですよ、あの人はと黒田征四郎は微かに笑って言う。

店内には紅茶の匂いとスケーターズ・ワルツ。そして、甘い匂い。

それはもかく、二人はひなが一日お茶会開いては仕事そっちのけで愉しんでいる。たぶん、明日で世界が終わっても二人でお客を招待してのんびりお茶をしているに違いない。あー、やだやだ。

[page]

『葬儀屋のば-』(酒場)

蔵を改築したあやしげな名前のカクテルを飲ませるお店。いや、無理に漏斗等で客に飲ませる訳ではないと思う。知っている限りでは、その筈である。

この店の店主は燕尾服を来た「葬儀屋」と呼ばれる顔の見えない若いと思しき男。不思議な事に、彼の顔が解らなくても、誰もその事を不思議とは思っていないようである。是非一度、誰かにつっこんでもらいたいのだが、いつかその日は来るのだろうか。

そして、看板娘には、長いゆらゆらゆれる銀髪のシック調のヘッドドレスを付けた女中姿の可愛らしいが、その姿と反比例するかのように口の悪い少女が用意されている。彼女は『ギニョール』と呼ばれていて、その名の通り、まるで人形に見える少女である。因みに、夜な夜な乱痴気騒ぎをしているこの店内には、そこかしこに生きてる人形かとみまちがえるような人形がところせましと飾られている。噂によると、どうやら、時折この店では客が煙のように消えるらしい。困ったものである。

アモンリチャドーをもう一杯。

[page]

『ドクター・フ一・マンチュー』(中華料理屋)

この中華料理屋には、世界征服を夢見る青年と、金襴緞子のチャイナ服を着た凛々爛々と名乗る助手の少女がいる。実はこの店は意外や意外、味は天下一品のしろもので、彼の夢を知っている常連の客は是非とも青年の目論見が失敗することを日々祈っている。

なにはともあれ、いまのところ、青年が成功した話を聞いたことがないし、この先成功するとは思われない。しかし、店主は見果てぬ夢を見て毎日研鐙しているらしい。時折、夜明け頃に店主と凛々爛々が黒焦げ姿で帰って来るそうである。一体、彼らはどこのどいつと闘っているのだろう。

[page]

『清廉潔白探偵事務所』(探偵事務所)

外から覗くと、無人の探偵事務所、古ぼけた応接セットがくすんだ硝子窓の向こうに見える。人気はまったくないのにも関わらず、稀に依頼人らしき人物が躊躇いながら硝子戸を開ける姿を見ることができる摩訶不思議な事務所である。

オテル・エトランジュにある、同じ名前の『清廉潔白事務所』とこの事務所は何か関係あるのだろうか?事務所に入っていったはずの人物が、オテル・エトランジュからと出て行ったという話もある。

『清廉潔白探偵事務所』を知る町の古老によると、元々青柳竜衛と名乗る前歴不明の洋行帰り人物が始めたものだと云うことである。青柳竜衛はジャック・ザ・リッパーが活躍していた倫敦から、どことなく『卵屋』の若主人にも似てなくはない人形のような美少女を連れて帰ってきて、少女を愉しませるために、怪奇事件専門の探偵事務所を始めたと云う噂である。いやはや、何とも困った理由である。

また、この青柳竜衛と云う人物は、見るものをうっとりさせるような端整な顔をした優男で、泣かした女は数知れず、是非とも後ろから思いっきり飛びげりを食らわせたくなるような人物だったらしい。『清廉潔白探偵事務所』はそんなところ。

さて、今日も物好きな依頼人が訪れたようですが、一体何の御用だったのでしょう。

[page]

『卵屋』(少女入り卵商い)

パステルピンクに、パステルブルー。砂糖菓子のような外観の可愛らしいお店を侮ってはいけません。店主の和服姿の美青年が商うは少女入りの卵。アルカイックスマイルを浮かべて、さあどうぞ。天まで伸びる棚の上には貴方が欲する、ありとあらゆる種類の少女が入った卵を取り揃えております。

少女アリスに物語りのシュヘラザード、十二単の若紫と毒入りの赤い林檎を抱えた白雪姫に、貴方の夢の中の少女。各種よりどりみどりで揃っております。卵の中の少女を手に入れる方法は簡単。貴方が選んだ白い卵を貴方の欲する少女を思い抱きながら大事に抱えること一週間で卵は孵化いたします。

ただし、お気をつけあそばせ、孵化した少女に貴方が喰われませんように。おもしろいように、良く喰われるんですよ。そう云って、美青年はチシャ猫のような笑みを浮かべると煙管の白い煙を宙に吐き出した。美青年の背中には『廃棄品』と書かれた白い頭蓋骨の山。

[page]

『怪奇誘拐王とゆかいな仲間たちの研究室』(犯罪実践研究所)

さて、お客様。この絵に描いたような研究室こそ誘拐王、実験王、解体王、埋葬王の四つ子が日々いかにして巧妙な犯罪を実行できるか研究をしている場でございます。

お約束の予告状を美しき深窓の令嬢に出した上で正々堂々誘拐し、美しき深窓の令嬢をキラキラ光る尾びれを持つ人魚に改造する実験をし、人魚と成ったの深窓の令嬢に厭きたら、月蝕劇場にて美女解体ショーを行い、どこかの山奥に七人の小人のコスプレをして埋葬に行く。これが、彼らの基本的な生活です。ご興味のある方は是非、このノートに予約を入れてくださいませ。先日知り合いの『少年探偵』からとある娼館の美少女の誘拐の依頼がありましたものの、未だ予約の余裕がございます。ただし、誘拐しがいのある美しき深窓の令嬢がいらっしゃるお宅に限ります。

[page]

『月蝕劇場』(劇場)

その夜月蝕劇場で見たバレエのオーロラ姫は格別の出来だった。観客は総立ちでプリマのカーテンコールを待ったが不思議なことに、幕の内側からプリマの美しい姿は二度と現れることはなかった。

その夜の公演に興奮醒めやらず友人と話ながら、いつものように『葬儀屋のば-』に行くと、バーのマスターが珍しい酒が手に入ったと教えてくれた。その名も『眠りの森の美女』。丁度良いと、私と友人が注文すると、出てきたのはオーロラ姫の格好をした人形が詰められている酒瓶。横軸色の液体にゆらゆらとゆれていた。

後で聞いた話だが、プリマが現れないのを不思議に思ったヒトが舞台の裏や楽屋に足を運んでみたが、プリマどころか、もぎり嬢までありとあらゆる劇場関係者が劇場から煙のようにいなくなっていたそうである。

[page]

『少女屋』(娼館)

美しき人形の館へようこそ。

美少女と美青年。光沢のある黒い帯を締め白い着物を着たコッペリアと、黒い裾の長い中国服のコッペリウスが経営する少女屋は、シノワズリ一風の外観の悪夢のように美しい娼館。コッペリアとはコッペリウスが作った人形。麗しきコッペリアの説明によれば、普通の楼館に比べるとかなり毛色の変わった娼館とのこと。禿のくらいの年頃の少女達が相手をするらしいが、その少女たちは特殊な育てられ方をしたらしい因みに、彼女たちは花魁も顔負けな教養を仕込まれているという話である。秘密の花園と言うところであろうか。少女屋では一部屋毎、趣を凝らした内装と、しどけない少女達が待ち受けていると言う話である。中には少女の格好をした少年もいるらしい。美しき人形の館。コッペリアが古今東西から集めた少女達。どこで、そんな少女達を用意しているのかは謎。時折、『卵屋』から棺のような黒い箱が運ばれてくるそうだが、青白い顔をした屍人のような店員達に尋ねても何も返事はない。そういえば、コッペリウスによると、少女達全員に、纏足を施しているとのことである。麗しき囚われの少女達。

[page]

<鳥篭娘>

鉄製の中国風の鳥篭の中に寝台が置かれている。鳥篭の部屋の主は金糸雀と呼ばれる少女。黄色のチャイナドレスに、美しい声で歌いまする。ただし、少女は歌いはすれど、言葉を喋る事はない。

[page]

<真珠姫>

青一面の部屋の真申には、真珠貝を模った寝台と小さな西洋風のバスタブ。バスタブの中でゆらゆらしていますは、青いきらきら光る尾びれをつけた人魚姫。こちらも金糸雀に負けず劣らず、美しい歌で聞くものを惑わせる。

[page]

<十二夜>

暗闇のカフェに、男装した少女と女装をした少年の双子が座っている。少女は黒いベルベットの三つ揃えに真紅のネクタイ。少年は、鹿鳴館の舞踏会に出るようなバッスルスタイル。蓄音機から流れる音楽に合わせて踊ります。だんす、だんす。

[page]

<伽倶耶>

御簾の奥には、十二単を着た少女がひとり。注文の多い少女。天井には、フラスコ画のごとく棚引く雲と赤い満月がゆらめき、部屋中に白い兎の人形と竹林。少女は扇の影に顔を隠し、くすくすと笑う。

[page]

<死女の恋>

オフェーリアと呼ばれる少女が船を模した花を散らした寝台に横たわっている。アスラバスターのような肌にふっさりとした睦。白い薄物に、黄色い水仙のブーケを持つ先細りした手。死女と言うだけあって、その体は恐ろしいくらいに冷たい。

お気に召しましたら、一度ご足労下さいませ。くすくすと笑うコッペリアを膝に乗せたコッペリウスがコッペリアの髪を撫でながら優しげな声で言った。

[page]

オテル・エトランジュの周りはこんなところ。

あとがき

似非探偵話の紹介編その二?のようなもの。『ヒトデナシ』もこれの一部。

戻る